スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒアルロン酸とは 

ヒアルロン酸:

ヒアルロン酸はコラーゲンとともに皮膚真皮を構成する主要な成分で、肌の水分保持機能がある。
ヒアルロン酸自体の6000倍もの水分を溜め込むことができる。

このため、ヒアルロン酸が減少した肌は、みずみずしさを失い、シワの多い、たるんだ肌になってしまう。

シワ治療などにこのヒアルロン酸を直接注入する方法がある。
コラーゲンと違い、ヒアルロン酸は生物由来成分ではなく、合成成分なので、アレルギーの心配がコラーゲンほど多くなく、未知のウイルス感染症のリスクも少ないと言える。

シワとり治療の注入剤として、最も一般的に用いられている材料。ヒアルロン酸注入剤自体は無色、透明のゲル状物質で、注入するとほとんど目立たない。


ヒアルロン酸の種類

現在日本で使われているヒアルロン酸は以下。

1・レシチレン
スエーデンのQメドという会社の製品で、おそらく、現在最も多くのクリニックで使われているであろうヒアルロン酸製剤。
硬さのランクにより  レシチレンタッチ  レシチレン  パーレーン レシチレンサブQ  の4種類があり レシチレンが最も一般的。

2.ジュビダーム
フランス製のレシチレンで、形状はレシチレンとほぼ一緒。値段が多少安い。濃度によって3種類ある。シワのほかに隆鼻術にも使われる。

3.ハイラフォーム
アメリカ製のヒアルロンサンで、比較的新しい。製剤がやわらかく使いやすい。柔らかいため注入時の痛みも少ない。
スポンサーサイト
[ 2006/05/21 07:48 ] ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。